面

剣道の防具は自分にあったものを使おう|選び方を伝授

お気に入りを手に入れる

選手

身を守るもの

剣道を始めるにあたり、必要になってくるものがいくつかあります。まずは胴着です。紺や白があります。そして竹刀です。これは年齢や性別により制限がありますので、自分に合った物を購入しましょう。そして大切なのが防具です。剣道の防具は、身体を守るものであり、一本を取る際に丁度竹刀を当てる部分でもあります。剣道の防具には4種類あります。まずは面です。これは顔を保護するもので、目の前は面がねがつけられ、前が見えるようになっています。今は全面すべて面がねが入っているものと、目の部分だけ開いているものと二種類ありますので、好みを選ぶと良いでしょう。次に小手です。これは両手に付けるものです。手〜腕を守るものですが、長さも好みがあります。次に胴です。これは腹部を守るものです。黒塗りが多いですが、中には青や赤などの塗りがあります。さらに胴の下に付ける垂れがあります。ここには垂れネームという名前の記された袋を付けることになります。さらに、防具には紺と白の二種類が多く、自分で気に入ったものを選びましょう。また、剣道の防具にはサイズがあります。子どもの頃から初めて購入する人は、大きくなると買い換える必要があります。自分に合ったサイズを探しましょう。面に関しては、多少大きくても面布団というサイズを調節できるものがあります。さらに、剣道の防具は少々値がはります。ピンキリですが、安くてセットで10万ほどはかかると思った方が良いでしょう。もちろん、高いと数十万する物もあります。そのため、安く手に入れたい方は比較サイトなどでどこで買うと安いかチェックしてみましょう。